ドイツ ミュンヘン ニュルンベルク・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ・ブレーメンの旅・・・ロゼリウスの家

<<   作成日時 : 2017/06/04 12:26   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

ベッチャー通りにある「ロゼリウスの家」に入りました。

画像

ロゼリウスは、コーヒー商人で、このベッチャー通りに、この屋敷を建てたそうです。

画像

そして、この通りの他の家々も、北ドイツ風のアールヌーヴォー様式の館に建て替えていったそうです。

画像

だから、このベッチャー通りには、お洒落なレンガ造りのショップやカフェで、埋め尽くされています。

画像

とっても心地よい雰囲気が、漂っています(#^.^#)

画像

第2次世界大戦で、この街は破壊されたそうですが、その後、市民の寄付によって、修復されたそうです。

画像

ロゼリウスは、お金持ちだったんでしょうねぇ・・・高そうな物が展示されています。

画像

これは意外!?  聖母子像が天井から吊るされていました。

画像


画像

ブレーメンはハンザ都市で、多くのハンザ商人が住んでいました・・・なかなか栄えた都市だったようです。

画像

屋敷の窓から撮った景色です・・・レンガ造りの建物ばかりです。

画像


画像

このベッチャー通りの中には、日本人経営の日本食レストランもありました・・・入ってないけど。

画像

ほんの短い通りですが、なかなかなもんです(#^.^#)

画像

人の住んでいた家って、すっごく興味あります。

画像

ロゼリウスの家の外観です。

画像

ロゼリウスの家の上は、こんな感じです・・・なかなか立派な家ですねぇ・・・何階建てなんでしょうか?

画像

ロゼリウスの家の前のクリスマスツリーです。

画像

ベッチャー通りを出て、歩きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
第2次世界大戦で破壊された街ですか?
それが市民の寄付で修復されたなんて、なんだかドレスデンと似ていますね
ドイツの事はあまりよく知りませんが、戦争で破壊された街も多いし、このように修復された街も多いんでしょうね
ゆけむり
2017/06/04 15:44
ロゼリウスの家は隣の美術館(?)だったかなの建物から入って両方を見ました
とっても懐かしいです
ブレーメンも、また行きたいなぁ〜(笑)
とまる
2017/06/06 22:08
ゆけむりさん
ドイツは、市民の寄付で修復された街は、あちこちにあって、全然珍しくありません・・・みんな、自分たちの街を愛しているのですね。
日本では、そんなこと、聞いたことありませんよね・・・日本なら、新しい物を建てちゃう、壊されなくたって、古い物はどんどん壊して。
重要文化財で築120年の家に住んでいたいた人が言ってました・・・家の瓦ひとつでさえ、もう作る職人がいなくて、修理は出来ないって・・・国宝なら国から修理費が出るけど、重要文化財は、出ないんだって・・・だから壊すって。
悲しいなぁ・・・
らも
2017/06/10 18:12
とまるさん
ドイツは、行きたい所がいっぱいあって、困りますよね(#^.^#)
ガイドブックにも載っていない街でさえ、魅力的な所は、いっぱいあるし。
あと、何年ドイツに行けるか解らないけど(お金的にも、体力的にも)、行きたい所は全部行けない気がします。
らも
2017/06/10 18:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツ・ブレーメンの旅・・・ロゼリウスの家 ドイツ ミュンヘン ニュルンベルク・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる